補聴器のしくみと構造

見た目は小さな補聴器ですが、その中には最先端の技術と開発者の熱意が詰め込まれています。ここでは補聴器のしくみや構造について詳しく見てみましょう。

補聴器のしくみ

補聴器の基本的な役割は、聴力が低下した人や難聴の人の「聞こえ」を補うことです。つまり補聴器は、「入って来た音を大きくして伝える」機能を持った器械ということがいえます。さらに補聴器は、単に入って来た音を大きくするということだけでなく「入って来た音を加工して聞きやすくする」という機能も持っています。音を加工することによって、うるさいと感じる音を抑えたり、不快に感じる音をできるだけ不快に感じないようにしたりすることができるのです。

補聴器のしくみをひとことで表現すると、
「マイクロホン」で音を集めて「アンプ」で音を増幅し「スピーカー(レシーバー)」で音を発生させる。
ということになります。あの小さな本体の中には、このしくみと電池、さらには開発者の情熱が詰め込まれているのです。

マイクロホン

マイクロホンは、補聴器が集める音の入口になります。補聴器は非常に小さなものなので、それに搭載されるマイクロホンも可能な限り小さなサイズのものが用いられます。また、高感度、高性能なマイクロホンが必要となります。
マイクロホンは集めた音を電気信号に変換し、アンプへ受け渡す働きをしています。マイクロホンは機能によって以下のように分類されます。

無指向性マイクロホン
360度すべて同じ感度で入力信号を変換するタイプのマイクロホンで、このタイプのマイクロホンを搭載したものを無指向性補聴器といいます。
指向性マイクロホン
後方からの入力信号に対する感度を下げることによって、相対的に前方からの音を強調するタイプのマイクロホンで、このようなマイクロホンを搭載したものを指向性補聴器といいます。
最近のデジタル補聴器の中には、騒音下の聞こえを改善するために、マイクロホンに入ってくる音の方向や聴取環境を常に分析し、無指向性から指向性までを全自動で変化させる機能を持った補聴器もあります。

アンプ

補聴器の心臓部ともいえるアンプの大きな役割は、マイクロホンから受け渡された音の増幅です。しかし、単純に入って来た音を増幅するだけでは、本来聞きたい声や音だけではなく、まわりの騒音や雑音まで大きくなってしまうという問題があります。そのため、最近の補聴器においては、単純に音を増幅するだけでなく、入ってきた音の強さ、高低、方向性といった要素を考慮しながら増幅が行われます。またその際に、必要に応じて不要な雑音をカットし語音を強調させるようにすることで、より快適な聞こえを提供できるようになっています。
補聴器の主流がアナログからデジタルになることで、補聴器の性能は飛躍的に進化しました。また技術は絶えず進歩し続け、より高機能、高性能な補聴器が開発されるようになっています。最新の補聴器のアンプに搭載されたマイクロチップは、1秒間に5億回の演算処理をする能力があります。アンプの開発には、数百億円の費用がかかるとされ、チップを自社で開発できる企業は世界でも数社に限られています。
アンプで増幅、調整された音の電気信号は、スピーカー(レシーバー)で再び音に変換されます。

スピーカー(レシーバー)

アンプで増幅、調整された電気信号を再び音に戻し、鼓膜に届けるのがスピーカー(レシーバー)の役割です。マイクロホン同様、スピーカーも補聴器のサイズに合わせて可能な限り小さく高性能、高機能なものが搭載されています。

電池

補聴用の電池は、主にボタン型の空気亜鉛電池(空気電池)が使用されます。耳あな型、耳かけ型など補聴器のタイプによって、使用する空気電池の種類や寿命も変わってきます。

補聴器について

補聴器についての基本的なことを知ることができます。

お問い合わせはお気軽に

お問い合わせ

0120-332-414

ご来店は予約優先制
(電池・部品御購入時を除く)

営業時間
9:00〜17:00
定休日
火曜日・日曜日・祝日
駐車場は店舗にてご案内申し上げます。

地図を印刷

603-8141
京都府京都市北区
小山西上総町21